どーも!

ウエストガンプでございます!

 

 

 

 

amazonn

 

 

 

さて巷でパニックになっていますね。

今日急にAmazonの規約変更がありましたね。

 

 

 

個人事業主ではない個人からの仕入れはAmazonでは新品として認めないということです。

 

 

 

終わりましたね。泣

 

 

 

みなさんこれからはヤフオク仕入れやフリマ仕入れはできません。

 

 

 

 

せどりで稼ぎにくくなりますね。

 

 

 

他に副業探さないといけませんね。

 

 

 

そー考える人も多くいると思います。

 

 

 

以前もメーカー規制や知的財産の問題などで大きくAmazon販売の規約は変更されてきましたね。

 

 

 

 

 

今後のAmazonの対応次第ではありますが、

僕の勝手な見解です。

 

 

 

 

参考程度に考えてくださいね☆

 

 

 

Amazon新品規約について

 

 

 

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品

ここの部分ですが、ヤフオクやフリマより購入した商品が該当されますね。

 

 

 

 

 

Amazonセラーが仕入れた商品を特定するためには毎回請求書や領収書を要求すること以外確認がとれないと思います。

そのような確認が今後あるかどうか。

 

 

 

恐らくひどく非効率なためないと思われます。

かなり曖昧にしてきているのはここです。

 

 

 

 

 

(個人事業主を除く)

要するに個人事業主として届出をしているかどうか。

 

 

 

 

個人事業主であれば請求書や領収書を発行できるはずであるという考え方だと思います。

 

 

 

 

 

正当法ではありませんが、Amazonより請求書を要求された場合は個人事業主から請求書を発行してもらえば対応できる可能性があります。

規約の内容としては個人事業主、法人などからの仕入れに限定して販売しなさいということだと思います。

 

 

 

 

保証に関して

メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品

メーカーが提供する保証がある場合

これについては今まで通りです。

 

 

 

 

 

 

メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品

これについてはセラーが正規販売店と同等のメーカー保証を保証すれば販売できると考えられます。

Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品に関しては

刈り取りはダメなようですね。

 

 

 

 

 

 

マーケットプレイスも含まれているので個人セラーからの刈り取りも含まれるようですね。

 

 

 

 

ここで購入アカウントを分けて刈り取りしようと考える人も多くいると思いますが、

200%販売アカウントと紐付きを回避できなければアカウントに審査が入る可能性があります。

 

 

 

 

 

これは僕の知人が実際に経験済みです。

なので刈り取りは100%関係のない外注に委託するしかないですね。

 

 

 

 

 

 

抜け道はあるのですが、

危険なのでオススメしません。

 

 

 

 

 

個人仕入れの場合どのような抜け道があるのでしょうか?

 

 

 

 

一つ方法としては個人事業主がヤフオクやフリマより仕入れしてAmazonセラーとして個人事業主間で仕入れてるという流れがわかれば問題なさそうです。

 

 

 

 

例 ヤフオク→個人事業主(奥さん)→あなた→Amazon販売

 

 

 

一人かませればいいですね。

 

 

 

これをしっかりやるか見せかけだけでやるかは今後のAmazonの基準の厳しさ次第ですね。

 

 

 

もちろん正規の形で取引すればなんの問題もありません。

 

 

 

 

要するにしっかりした仕入先(個人事業主)

 

 

 

 

エンドユーザーがメーカー保証と同等の保証をしっかり受けれること。

 

 

 

 

とにかくAmazonの看板しょってるんだから半端な販売はするんじゃないよ!

 

 

 

 

ということだと思います。笑

 

 

 

 

もちろん規約に違反するような事はオススメできませんし、

僕自身もやるつもりはありません。

 

 

 

 

どんなことにも抜け道というものがあります。

規約をしっかり理解して正当な方法でこれからもAmazon販売を続けていけるはずです。

 

 

 

 

 

Amazonは今後もこんな感じでスッパリと規約変更してくることは理解できましたね。

 

 

 

 

今日気づいた方はAmazonせどり一本ではなく、

新たなキャッシュポイントも模索していきましょう!!

 

 

 

 

 

情報に翻弄されてパニックになる前に自分でよく理解して冷静な判断ができる経営を目指していきましょう!!

 

 

 

 

 

PS

 

刈り取りは随分前からこうなるのはわかってました。

歪みをついた稼ぎ方はいつか終わるものです。

いつだって同じことなので正しい判断をしていきまっしょい!

 
せどりからの新たなキャッシュポイント

せどりからの不動産投資